オリジナル名刺なら客先に合わせて使える

営業をするとき、同じようなお客さんもいれば、業種などが異なる場合もあります。その場合は営業方法も異なります。アプローチの方法を変えることもあるでしょう。一つの名刺しかない場合、名刺では営業方法を変えることが出来ません。そこでオリジナル名刺を使うことを検討してみましょう。一応会社で用意してもらったものも持っておきます。それ以外に、客先に対していくつかのタイプを用意します。色に変化をつける場合、縦と横で変化をつける場合、書かれている中身で変化をつける場合です。又、裏面なども工夫ができます。名前や社名、電話番号などは表に印刷してもらいます。裏は、どちらかといえばあってもなくてもいい情報が書かれていたり無地の場合があります。こちらに自分の得意技や専門分野を書いておけば、アピールできるかもしれません。売り込みのきっかけを作ることが出来ます。

オリジナル名刺をテンプレートで作成

日本では、正式な文書は縦書きです。ですから名刺も基本的には縦書きが正式なタイプと言えるでしょう。右に社名などがあり、真ん中に名前、そして左側に住所や電話番号が書かれています。モノクロタイプで、縦型ならほとんどの人が同じタイプかもしれません。最近は横型を利用する人が多くなっています。社名にカタカナやアルファベットが使われ、さらに電子メールアドレスやホームページアドレスをつけないといけません。縦よりも横の方がわかりやすくなっています。シンプルなタイプもありますが、いろいろなタイプも選べます。オリジナル名刺を作るときも、おそらくは横型になるでしょう。とにかくすぐに作りたい場合は、業者が用意しているテンプレートを使います。色のパターン、背景のパターンなどがいくつか用意されています。その中から選び、個別の情報の印刷をしてもらいます。

オリジナル名刺でのビジネスの工夫

ビジネスでは名刺は不可欠のアイテムですが、名刺はビジネスの入り口でもありますので、名刺で特徴をアピールするのも方法のひとつです。その場合オリジナル名刺を作っておき、それぞれの場面に応じて使い分けるのも便利です。中には何種類もの名刺を用意しておき、相手に合わせて使い分けている人もいます。印象を強く残したい場合は派手なオリジナル名刺を渡したり、落ち着いた名刺に効果がありそうな場合には、その役割の名刺を渡すという方法です。色々な工夫をすることで名刺が営業の役割を果たしてくれますが、今はインターネットで安価にオリジナル名刺が作れます。インターネットを利用して個人的な名刺を作り、効果を見ながら色々な場面で使ってみると、効果のある名刺がどんな名刺かもわかります。ですのでインターネットで注文して違う雰囲気の名刺をいくつか作っておくのも方法のひとつです。