オリジナル名刺は自分で作るかプロに頼むか

パソコンとプリンタのおかげで、いろいろな印刷物を自分で作れるようになりました。これまでパンフレットなどは業者に依頼するしかありませんでした。でも、最近は自社で作ってそれを利用しているところもあります。カラー印刷が容易になったのも要因でしょう。パンフレットだけでなく、名刺の印刷も自分でできます。デザインももちろん自分で考えることが出来ます。会社で決まっているデザインを使うこともできるでしょう。しかしオリジナル名刺は、印刷会社で作ってもらったものと比べると一定の差を感じるかもしれません。会社で利用するプリンタと言えども、印刷業者の印刷機のようにきれいには印刷できません。用紙なども限られます。きれいさを問わないなら自分で作ってもいいでしょうが、よりきれいな印刷物で作りたいならプロに依頼した方がいいでしょう。見た目の印象が異なります。

ネットのオリジナル名刺はコストを下げられる

起業をして仕事をする場合、できるだけ運営コストを下げる必要があります。オフィスの費用や事務機の費用など比較的かかる部分は下げるための情報を入手して行います。意外に手を抜きがちなのが名刺です。適当に依頼してしまうこともあります。起業をしている人がオリジナル名刺を利用するなら、ネットの業者を利用するとコストを下げられるかもしれません。ネットの業者は、非常に多くあります。さらに、全国から利用できます。大阪で起業をするとき、東京や名古屋の業者も利用することが可能です。ただ、あまり離れていると送料がかかることもあるので注意が必要です。1枚当たりのコストが安くて、一定の発注をしたときに送料を無料にしてくれるところであればかなり安くなります。ネット上で比較をしたり、メールなどで問い合わせをして価格を調べるとよいでしょう。

オリジナル名刺は小ロットでの注文も可能

営業の仕事をしている人は、毎日のように名刺交換をしないといけません。仕事をした分名刺が必要になるといえるでしょう。一方、社内で事務の仕事をしている人はほとんど名刺の交換はありません。取引業者が変わったときに行うぐらいでしょう。個人で仕事をしている人も同様です。営業的な仕事をするならたくさんいりますが、技術者の場合は固定的な発注を受けることが多いでしょう。直接会うより、メールなどで仕事の依頼を受けることもあります。となると、必ずしも名刺は必要なくなります。オリジナル名刺を作ってもらうとき、小ロットに対応してくれる所であれば少ない量でも割安で作ることが出来ます。千枚も作っても1年にそんなに渡さなければ無駄になります。中の情報が変わると使えなくなるので、あまり多く作り過ぎるのは良くありません。半年分ぐらいあればいいでしょう。